会長挨拶

高畠町体育協会会長 島津良平

日頃より、当協会のスポーツ振興事業に多大なご理解とご支援を賜り、心から感謝を申し上げます。

 

昨年11月17日高畠町体育協会創立70周年記念事業を開催いたしました。 戦後間もない昭和23年に創立以来、ご支援・ご協力を賜りました 行政・体育(スポーツ)協会関係団体、そして、本協会に情熱を傾注された歴代会長をはじめ、多くの会員と町民各位に衷心より感謝を申し上げます。

記念事業では、遠藤利明先生からサプライズで「女子スキージャンプの髙梨沙羅選手からのお祝いのメッセージ」から始まり、遠藤先生・室伏広治氏の講演、山形県警音楽隊・高畠中学校の吹奏楽公演をご披露いただきました。そして、スポーツ協会スポーツ振興施策の次のステージへ歩みを踏み出したところです。

 

令和元年の施策として、スポーツによる元気なたかはたづくり包括連携協定の調印締結を行いました。総合型地域スポーツクラブに匹敵する それ以上の充実した内容の高畠町スポーツの振興・健康体力づくりアソシエーションを組織いたしました。(関係7団体)スポーツを通じて高畠町全体に元気を創出していくことを目的とするものです。過去に例のない取り組みであり、今後にご期待をして頂くとともにご協力をお願いいたします。

 

また、令和元年6月1日より「一般社団法人高畠町スポーツ協会」へ改称を致します。崇高(すうこう)な価値と大いなる可能性を有するスポーツを強力に推進し、遍(あまね)く町民がスポーツを享受(きょうじゅ)し、心豊かに社会の形成に寄与することを使命とし活動して参ります。

結びに、スポーツという文化を後世に継承していくため、一般社団法人高畠町スポーツ協会は力強く歩みを進めてまいります。関係者各位の尚一層のご支援・ご協力を賜りますようお願いを申し上げます。


令和元年5月吉日