基本方針

平成31年度(令和元年度) 一般社団法人高畠町体育協会  事業計画

昨年11月17日高畠町体育協会創立70周年記念事業を開催いたしました。 戦後間もない昭和23年に創立以来、ご支援・ご協力を賜りました 行政・体育協会関係団体、そして、本協会に情熱を傾注された歴代会長をはじめ、多くの会員と町民各位に衷心より感謝を申し上げます。

記念事業では、遠藤利明先生からサプライズで「女子スキージャンプの髙梨沙羅選手からのお祝いのメッセージ」から始まり、遠藤先生・室伏広治氏の講演、山形県警察音楽隊・高畠中学校の吹奏楽公演をご披露いただきました。そして、体育協会スポーツ振興施策の達成へ新たな歩みを踏み出したところであります。

今後も、町民の皆様から共感と納得のいただける事業展開とすることは言うまでもありません。

心新たに今年度の本協会として具体的な行動と施策に触れさせていただきます

一つは総合型地域スポーツクラブに匹敵する それ以上の充実した内容の組織体制の確立を目指し、4月26日、※関係7団体による『スポーツによる元気なたかはたづくり包括連携協定』の締結調印が実現いたしました。

スポーツを通じて高畠町全体に元気を創出していくことを目的とするものであります。そのため、目的達成に向けて『高畠スポーツの振興・健康体力づくりアソシエーション』を組織いたしました。過去に例のない取り組みであり、今後の活動に期待をしていただきたいものです。

さて、平成30年4月1日、日本体育協会を改称した日本スポーツ協会に呼応(こおう)し、「一般社団法人高畠町スポーツ協会」へ改称を提案いたします。スポーツという文化を後世に継承していくため、体育の概念を包摂(ほうせつ)している広義のスポーツという言葉をもって、崇高な価値と大いなる可能性を有するスポーツを強力に推進し、遍(あまね)く町民がスポーツを享受(きょうじゅ)し、心豊かに社会の形成に寄与することを使命とし活動して参ります。

結びに、スポーツという文化を後世に継承していくため、一般社団法人高畠町体育協会は力強く歩みを進めてまいります。

これまで当協会が築いてきた歴史と伝統を礎に、すべての町民がスポーツを通じて生涯にわたり心身ともに健康で文化的な生活を営むことができる地域社会を目指すことを決意し、平成31年度事業計画を設定いたします。

 

※関係7団体 …… 一般社団法人高畠町体育協会、株式会社ヤマコー、社会福祉法人高畠町社会福祉協議会、高畠町地区公民館長会、高畠町健康体力づくり推進協議会、株式会社吾妻スポーツ、及び高畠町スポーツ推進委員協議会

 

【 目 的 】

『地域スポーツの振興発展に寄与することにより、地域社会の営みを形成する教育・福祉・環境などの課題を自ら解決できる社会の構築へ・・・』

1.基本方針

~Enjoy Sports, Enjoy Life~
 会員相互の親睦融和を図るとともに、地域におけるスポーツの振興並びに町民の健康の保持増進、交流促進、豊かな生活の形成等に寄与することを基本に、高畠町が実施する諸施策と連携・協調しながらも、より自主的に事業を展開する

2.重点目標

(1) ジュニア層からの競技力の向上とトップアスリートの育成

(2) ライフステージに応じた生涯スポーツ活動の推進

(3) 地域で担うスポーツ環境の整備促進

(4) 組織の強化と安定的な財政基盤の確立

3.重点施策

(1) ジュニアアスリートの育成推進
   ① 指導者の育成・資質向上と指導体制の充実
   ② 専門家によるトレーニング方法などの実技研修の実施推進
   ③ 高畠町小学3・4年生を対象にした「元気アップ」Vキッズクラブの開設
   ④ スポーツ少年団・小体振・中体連との連携による指導支援協力

(2) 生涯スポーツ活動の普及推進
   ① 『高畠スポーツの振興・健康体力づくりアソシエーション』の運営
   ② 町スポーツ事業の関連業務の受託
   ③ 町の介護予防事業とスポーツ事業との連携事業の推進(そく彩クラブ開設)
   ④ 町総合体育大会へ町民の積極的な参加(ニュースポーツの検討)を推進
   ⑤ 町・学校・町内企業等との連携強化と情報交換の促進

(3) 地域で担うスポーツ環境の整備促進
   ① 町スポーツ施設の指定管理者として行う管理運営業務の実施
   ② スポーツ事業活動を担う人材の確保
   ③ スポーツ施設の環境整備への協力支援の推進(草取り等奉仕活動)
   ④ 高畠ロードレース大会、全日本50㎞競歩高畠大会、
      山形県縦断駅伝競走大会等への運営協力支援

(4) 独自事業の推進
   ① 日本スポーツ協会認定資格取得助成金制度の活用推進
   ② スポーツの普及・振興に貢献した個人・団体および県・東北・全国・大会で
      優秀な成績を収めた個人・団体の表彰
   ③ 講演会、視察研修の実施
   ④ ホームページによる情報の提供
   ⑤ スポーツ高畠の発行による広報活動の充実強化
      (スポーツ活動の啓発、競技会成績、表彰者などの情報発信)
   ⑥ 個人会員・法人会員の加入促進
   ⑦ スポーツイベントへの協賛企業(個人)の参加促進

4.年間定例会議等

(1) 理事会  通常理事会  臨時理事会

(2) 業務執行理事会   必要に応じ開催する

(3) 専門委員会   必要に応じ開催する
     財務専門委員会、広報専門委員会、振興専門委員会、
     スポーツ医学専門委員会

(4) プロジェクトチームの新設
     ①東京2020オリ・パラ高畠レガシープロジェクト
     ②TSKA事業推進プロジェクト